釧路

 
「釧路湿原国立公園」「阿寒摩周国立公園」と二つの国立公園を有し、手つかずの自然と共に生き、
その自然を守ってきた釧路です。
アイヌ文化の思想が今なお息づき、いにしえの時代から守られてきた自然が残る阿寒摩周国立公園。
開発の危機にさらされたこともある日本最大の湿原、釧路湿原は人々の生活とともにありました。
 
この自然をこれからも守りながら、訪れる人と自然の恵みを感じ、癒される幸せを分かちあいたいと
思います。
 
こだわりのネイチャーアクティビティが多い釧路市、少人数のインセンティブツアーや
研修旅行を歓迎いたします。
 
 
 
 
 
釧路市では,都市と温泉リゾートでMICEが開催できます
 
1.コンパクトシティ・釧路
「釧路市観光国際交流センター」を核施設として、徒歩10分圏内に複数のMICE施設が立地。交通機関、宿泊施設や飲食店街も近接し、滞在に便利な環境です
 
2.豊かな観光資源・食の魅力
「釧路湿原国立公園」へ30分、「阿寒摩周国立公園」へ90分。二つの国立公園に囲まれ、国内随一の自然環境を背景とする豊富な観光資源。国内有数の食糧基地が産み出す釧路ならではのグルメも手軽にお楽しみいただけます。
3.地域のMICE
優れた自然環境が、地域ならではのミーティング・エクスカーション素材をご提案します。
 
4.阿寒湖でMICE
特別天然記念物「マリモ」でおなじみの阿寒湖。森と湖に囲まれた癒しの空間と、アイヌ文化が織りなす独特な佇まいが、新たな体 験を提供します
5.夏も冬もスポーツ施設が充実
スケート・スキーなど、ウインタースポーツの会場が充実。また、東北海道最大規模の総合体育館と各種競技場が、一年を通じて競技会・合宿のご利用を受け入れます。景観に優れたゴルフコースも人気のひとつです。
 
6.酷暑を逃れCooool!くしろでMICE!!
  北海道が取りまとめる『北海道体験移住「ちょっと暮らし」』10年連続での全道第1位!
 親潮の影響を受ける釧路は、盛夏でも最高気温の平均が21度程度と涼しく、快適な気候です。杉花粉、梅雨がなく、降雪量は道内他都市と比較して、極めて少ないことも特長のひとつです。会議場や宿泊施設、ショッピング、グルメ、医療機関など、充実した都市環境に恵まれ、避暑都市としての機能を併せ持っています。 
 
(一社)釧路観光コンベンション協会
北海道釧路市幸町3-3
TEL:0154-31-1993
email:mail@kushiro-kankou.or.jp
 

トップページに戻る